2008年09月17日

リーマンの破綻が意味するもの

 リーマン・ブラザーズの破綻はあっけないぐらい急だったように思うのですが、専門家の方から見るとどうなんでしょうか? 危ないという話こそしばらく前から囁かれていましたが、いよいよとなると、政府はつれなく、同業者たちも支えきれないと手を挙げ、あっと言う間に破綻してしまいました。

 連邦政府はそれほど影響は大きくないし、民間の企業を救済することはモラルハザートになるので考えられないといいますが... 果たして63兆円の負債が小さいと言えるのか... 日銀総裁も大きな損失につながる可能性は低い、日本への影響は限定的と言っていますが、邦銀には大口の債権を有するところもあり、本当に影響は「限定的」なのか... 素人目にも、どうもそうとは信じられません。

 幸いに今のところ株式市場も昨日の急落から一転持ち直したようではあるのですが、本当にこれで済むのか? これはむしろ嵐の前の静けさなのではないのか? 前FRB議長グリーンスパン氏の言うように、これは100年に一度あるかどうかの深刻な金融危機と考える方が素直なように思えます。

 僕は金融に関してまったくの素人ですが、これはついに「金融資本主義」そのものが破綻した、成り立たなくなったということなのではないかという印象を持っています。

 というのも、実体経済とあまりに乖離して膨張した現在の資本は、結局は虚構の上に虚構を重ねたバブルでしかないからです。うまくそれが「成長」している間はいいのでしょうが、どこかでうまく行かなくなったとき、しかもしれが大きく成長してからうまく行かなくなったとき、それを収集するような実体はどこにも存在しないからです。

 かつて私たちの「経済」が物々交換だけで成り立っていたときには、実体から乖離するということはあり得ませんでした。貨幣が通用するようになっても、資本主義が発達しても、物質的な裏付けがある限りは、その膨張はたかがしれています。今から考えれば、可愛いものです。

 しかし物質的な裏付けがなくなった瞬間から、経済は無軌道な膨張を始めたのです。今ふり返って見れば、金本位制の廃止が金融資本主義興隆のきっかけになったわけですが、その虚構がついに維持できなくなって来たというのが今回のリーマン破綻なのではないかと思います。そして一度その虚構に大きなヒビが入った以上は、もはや簡単には持ち直せず、どんどん傷口は広がっていくのではないかと...

 というのは経済シロートとの直感的な感想ですので、詳しい方にぜひきちんとした説明をしていただきたいと思います。そしていずれにしろ、今の金融資本主義が持続可能な経済システムであるようにはとても思えません。持続可能な社会には、持続可能な経済システムが必用で、おそらくそれは実体経済と乖離しないか、多少の膨張はあっても一定の枠があるようなものではないかと想像するのですが、果たしてそれもどうでしょうか?

 これが世界経済をハードランディングさせることにはならないようにと切に願いますが、もし持続可能な経済への移行のきっかけとなるのであれば、必要な試練が来たものと覚悟することにしましょう。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
皆さんのご意見をぜひお聞かせください。
応援してくださる方は、Click me!


posted by あだなお。 at 23:59| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あだなお。さん

日本では社会問題になっている多重債務者をこれ以上生み出さないように、過剰与信防止のため、個人での総量規制がかけられるようになってきました。

難しい部分で財界での反対意見は大変に多かったのですが。

身の丈にあわない活動を、個人であれ法人(自治体)であれ安易に許すことは、結果的に社会の高リスク(高コスト)につながるような気がします。

自由経済に規制ばっかりでは確かに息苦しくて楽しくはないのですが、借金のし過ぎはアルコール中毒同様一種の病気のような部分があり傍迷惑になると思います。

本当は言いたいことはもっとたくさんあります(笑)、これぐらいにしておきます。
Posted by プチeco at 2008年09月18日 12:06
あだなおさま、こんにちは。
プチecoさま、おひさしぶりです。

わたしも、1998年頃に、ようやく、世の中のことが見えてきて、あだなおさんと同じように、「実体経済と金融経済の巨大な差は、絶対におかしい!世の中変だ!いつか破綻するぞ」と感じ、新たなる経済思想が必要だとひとり思い、経済なんてさっぱりわからないのに、いろんなことを考え始めました。その流れで環境問題についても考え出して、その辺をうろうろしています。最近、やっと、こっちの方がいいんじゃないのかな?という方向は見えてきたように思います。
Posted by みかん at 2008年09月18日 15:27
専門家ではない立場からのコメントですが・・・

現場の一部では相当シビアな対応を迫られているところはありますが、今のところ邦銀大手の経営への影響は少ないように見えます。200〜300億円の損失を「限定的」と言ってもいいのかという話はありますが・・・。

「金融資本主義」そのものが破綻した、のかという問いに対しては、金融業界では(少なくとも経営レベルでは)そのような認識はないと思います。サブプライム関連で6450億円の損失を出したところも、戦略が間違っていたわけではなくリスク管理が不十分だった、と言っているわけで、方針転換はしていません。もちろん価値観が変わったわけでもないのです。生き残りをかけた競争が苛烈にはなっても、目指すところが変わるわけではない、というのが現状と捉えています。

ハードランディングによって持続可能な経済の一部としての金融の在り方に行きつくのであれば、未来は救われるのですが、まだ、その予兆は見えてきません。
Posted by ペンギン at 2008年09月19日 00:22
あだなお。さん、割り込み失礼します!

>みかんさ〜ん

お久しぶりでございます。
某ブログ放置魔のプチecoです。

>やっと、こっちの方がいいんじゃないのかな?という方向は見えてきたように思います。

わぉ、ぜひぜひ語っちゃてください!!
さりげな〜く、お邪魔しちゃってもよろしいですか?(笑)
Posted by プチeco at 2008年09月23日 22:04
あだなおさま、すみません、ちょっと
プチecoさんへお返事です。

>プチecoさま
どうぞ、どうぞ、いつでも、遊びにきてください。
お待ちしてま〜す。
Posted by みかん at 2008年10月01日 12:02
皆様

コメントありがとうございました。
こういう話題はあまり受けないかなぁと思っていたら、意外なほどの反応にビックリ。

そして、皆さんが同じように感じてることに、勇気づけられました。

>ペンギンさん
そうですか、金融業界に反省の色ナシですか...

このままで済むはずがないと思っていたら、昨日は案の定の株価大暴落。でもそれがすぐに戻すのが不思議ですね。でも、きっとまたこれを繰り替えしながら、しばらくはズルズルと下がっていくんじゃないのでしょうか...
Posted by あだなお。  at 2008年10月01日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。