2008年09月26日

報告書の季節

 9月も後半となると、各社の環境報告書やサステナビリティ報告書がかなり出揃ってきます。僕のオフィスにもいろいろな企業さんから報告書が送られて来て、今年はどんな取り組みがどのように報告されているのかなと楽しみに拝見しています。

 非常に嬉しい傾向としては、生物多様性についてかなりページ数を割いている企業が増えてきていることです。数ページにわたって特集している報告書もあり、生物多様性というトピックが、確実に企業の経営課題の一つになりつつあることを感じます。

 ちなみにどんな企業が生物多様性について良い報告をしているかは... 11月後半にある「企業の語る生きものがたり Part2」というシンポジウムで公開する予定です。それまでもう少しお待ちください。

 こうした企業の環境報告書をPDFでダウンロードしたい場合には、たとえば日経BP社の「社会・環境報告書ディレクトリ2008 part1」などが便利です。各社の報告書が丸ごと、PDFとしてダウンロードできます。

 あるいは「エコほっとライン」では、各社のWebサイトへのリンクが張ってあるだけでなく、報告書を取り寄せることもできます。もちろん無料ですし、複数の企業の報告書を一括して取り寄せることもできて便利です。

 ちなみに僕は今年は、アサヒビール株式会社、鹿島建設株式会社、バンダイナムコホールディングス(五十音順、敬称略)の各社の報告書で第三者意見を書いています。それ以外にもこれから発行されるところがまだ数社あります。また、ステークホルダー・ダイアログで報告書に登場させていただいている企業さんもあります。どこかの報告書の誌面でお会いするかもしれませんね。

今日もお立ち寄りよりいただき、ありがとうございました。
今日の記事はお役に立ちましたか?
応援してくださる方は、Click me!


posted by あだなお。 at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。