2006年01月07日

墜ちたLOHAS

 健康と持続可能性に配慮したライフスタイルLOHAS。エコライフに見られるストイックさ、妙に真面目なところもなく、オシャレな雰囲気を醸し出して、徐々に浸透してきたようです。お蔭で「ローハス度チェック」も大人気でした。

 が、ここに来てちょっとキナ臭い話が... ロハスに関する日本での商標の大半はトド・プレス(「ソトコト」の出版元である木楽舎のグループ会社)が持っているらしいのですが、これを三井物産がブランドとして一括管理し、衣料品、食料品などで幅広く展開していくというのです。
 ■三井物産、「ロハス」のブランド管理
 http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20051211AT1D1000O10122005.html

 もともとLOHASはアメリカのマーケティングで発見され、作られた言葉ですし、商標が登録されているのも聞いていましたが、正直言ってここまでやるのかと思いました。「ソトコト」も妙にロハスに力を入れているなと思ったら、そういうことだったんですね...

 もちろん、LOHASが商売になるほどトレンドとして定着するのであれば、それは喜ぶべきことかもしれません。しかし、こうやって大企業が囲い込んで自分たちの商売にだけ使うというのはまたちょっと話が違う気がしますし、またロハスという言葉だけ流行って、その精神が失われていきそうです。ましてや、ロハスという言葉を看板にして、大量にモノを売りつけるのだとしたら... それの、いったいどこがLOHASなんでしょう?

 ちなみに件のトド・プレスは、「スローライフ」も商標登録しているんだそうです! こんな普通の言葉がよく登録できたなという気もするのですが...
 ■【特集:LOHAS】LOHASと商標
 http://yoga.blog.ocn.ne.jp/nayoga_blog/2005/03/lohaslohas_1.html

 こうした動きに対して、ネット上では既にかなり反発も出ているようです。
 ■ロハスは死んだ
 http://nikigle.com/nikki/archives/2005/12/news_2.html
 ■わたしはロハスが嫌いです
 http://blog.livedoor.jp/anti_lohas/
 ■LOHASの登録商標からライセンス収入を目論むのは「のまネコ」の二の舞?
 http://www.planbiz.info/blog/archives/20050928_172840.php

 清貧なエコではなく、楽しさ、快適さをプラスしたところは本当に良い着眼点だったLOHASですが、少なくとも日本では馬脚を現してしまった今後、どうなるんでしょうか... それでも日本の消費者はついていくんでしょうか? 皆さんはどう思いますか?

 そんなにロハスという看板で金もうけをしたいんなら、どうぞご自由にというところですが、ロハスと言いながらサステビリティを脅かすようなことは絶対にして欲しくないですね。それはきちんとウォッチしていこうと思います。

※上記の文中では、本来のライフスタイルの意味ではLOHAS、商標はロハスと表記して区別しました。(但し、サイト名は原文どおりとしてあります)

<参考リンク>
 ■LOHASは「サブマリン商標」の成功事例か
 http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/12/lohas_4a41.html
 ■正しいLOHAS、怪しいLOHAS
 http://www.ufpress.jp/blog/business-watch/archives/000195.html
 ■ロハスの誤解とエコプレミアム
 http://www.yasuienv.net/LOHASvsEP.htm
 ■ロハス
 http://ja.wikipedia.org/wiki/LOHAS


banner_04.gif面白かったら、Click me!


posted by あだなお。 at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ゲンナリだよ??"LOHAS"
Excerpt: 「LOHASの商標登録byトド・プレス社&業務提携した三井物産」について、遅まき
Weblog: Kokohore Vickie
Tracked: 2006-01-15 01:32
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。