2009年03月14日

結婚できない、子供持てない

 非正規雇用が様々な点で働く人に過度の負担を強いることは繰り返し指摘されてきています。特に最近では、不況の中、真っ先に職を奪われ、まさに人間が「景気の調整弁」として使われてしまっています。そして、そうした方々の中には、次の日からの住む場所や食べるものに困る方もいて、やっと問題と考えられるようになりました。

 しかし、そんな切羽詰まった状況に追い込まれなくても、日本の非正規雇用労働者がそもそもとても不安定で弱い立場に立たされていることが、問題なのです。非正規雇用が日本では本質的に低賃金労働であることは「「労働ダンピング」を食い止める」で紹介しましたし、実際にそれがいかに「安い」労働であるかは、「同じ仕事でも...」で具体的に紹介しました。

 そして先週、厚生労働省が公表した「21世紀成年者縦断調査」の結果は、低賃金ということがいかに非人間的であるかを具体的示していて、ショックでした。この調査によれば、「結婚適齢期の男性で2007年までの5年間に結婚した非正規社員の割合は、正規社員の半分にすぎず、出産した女性の割合も非正規と正規社員では2倍近い差」があったというのです。
出典:「「非正規」男性、結婚難しく=出産も正社員の半分−厚労省」(時事通信、2009年3月11日)
■「第4回21世紀成年者縦断調査(国民の生活に関する継続調査)結果の概況」(厚生労働省)

 給料が安くて結婚できないとはよく聞く言葉ではあるのですが、それがこうした具体的な数値となって示され、しかもその結果がこれだけハッキリしていると、改めてこの問題の大きさを感じます。

 「食べるものに困る」状況になれば誰もが事の重大さに気づくのでしょうが、食べるものは何とかなるにしても、非正規雇用であるために結婚できない、子供ができないのであれば、これも十分に重大な問題です。ちょっとキツイ表現をすれば、人権問題であると言うべきかもしれません。

 このように、少なくとも非正規雇用が日本社会の抱える大きな問題の一つであることは間違いありません。それではこのことについて雇用者である企業は、どのように答えるのか、説明するのか。今年の各社のCSR報告書の中味にはとくと注目したいと思います。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。
どうぞご感想をお聞かせください。
応援してくださる方は、Click me!
posted by あだなお。 at 22:48| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 労働・雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに今年のCSR報告書は注目ですね。
Posted by のり at 2009年03月15日 02:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。