2009年04月07日

この男、どこまでやるのか?

 G20出席のために英国訪問をしたオバマ大統領、G20だけでなくその帰路でも大活躍です。まずはG20でのエピソードから。


 そして本当にビックリさせられて、次の瞬間に思わず喝采したのはこの演説、アメリカか核廃絶のリーダーシップを取ると宣言したのです。
 「世界で唯一核兵器を使用したことのある核保有国として、米国は行動を起こす責任がある」とはモノは言いようという気もしますが(^^;)、それでは「世界唯一の被爆国」の政治家は何をしているのでしょうか?


 さらに、イスラムとの和解にも努めると、「米国の関与(エンゲージメント)の新たな1章」を約束しました。


 最後にはイラクまで電撃訪問です。


 もうなんかカッコ良過ぎて、イヤになっちゃうぐらいです。でも、この人が世界を変えるんじゃないかという、そんな予感がますます強くなって来ました。しかも、その変化の先は、僕がちフツーの人間が居心地がいいと感じる世界なのだと思います。

 というのも、オバマ大統領の行動力、発言力はたしかに超人的です。しかし、言っている内容はごく「あたり前」のことばかりなのです。フツーの人間が、フツーの感覚で思うこと、望むことをサラリと言っているのです。まさに等身大、僕たちの肌感覚とあっているのです。それは、こんな対話集会のやり方にも現れています。

 どこかの国のやらせとは大違いですよね。そして今の日本の政治家の体たらくと比べると、あまりの落差に溜息が出てきますが... それでもアメリカだって、史上最低の大統領から、180度の大転換をしたのです、日本にだってまだまだチャンスはあるはずです。そして何より、一人の人間が、短期間にこれだけのチェンジをもたらせるのですから。

今日もお立ち寄りよりいただき、ありがとうございます。
今日の記事はいかがでしたか?
応援してくださる方は、Click me!


posted by あだなお。 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。