2009年07月09日

ついに新興国も説得!?

 快挙です。今回のライクラ・サミットで、G8は2050年までに温室効果ガス(GHG)の排出量を80%削減することに各国が合意しました。これだけでも、多少、いやかなり進んだわけですが... さらにG8に振興五カ国、つまりブラジル、中国、インド、メキシコ、南アフリカを加えた拡大会合でも、気温上昇をプラス2度に抑えることに合意!したらしいとのこと。本当だとすれば、これはスゴイ。

 全然関係ありませんが、今回のホスト国のイタリア、1997年から2007年までのGHG排出量の変動率は+7.1%とあまりよろしくありません。8.2%の日本より少しマシというて程度です。また、京都議定書目標の達成度も、2007年実績で+13.6%でイマイチです。ところが... 国民一人当たりのGHG排出量はなんと9トン/年と、ドイツや日本(12トン)よりも、英仏(11トン)よりもずっといいんですね。先進国の中では非常に好成績と言っていいでしょう。なぜなんでしょう? 温かい場所が多くて、あまり暖房が必要ないのでしょうか?

 さて、本日もう一つのグッドニュースです。オーストラリアの人口2000人ほどの小さな町が、環境への影響を考慮して、ペットボトルの販売の禁止を決定したのだそうです! おそらくは世界初の快挙です。地元の活動家は「この決定を知った人びとが、ペットボトル飲料水を買うことについて考え直してくれることを願っている」と語っているとのこと。

 僕も個人的に、今年はなるべくマイボトルを持ち歩き、ペットボトルを買わないようにしています。マイボトルの中味を飲み切ってしまったり、忘れることもあるので(^^;)、なかなかゼロというわけにはいかないのですが、それでも昨年までに比べれば買う数は数分の1に減っています。

 これからの暑いシーズン。気軽に使える給水ポイントが増えるといいですね。

いつも読んでくださって、ありがとうございます。
読んでくださった印にクリックをお願いします!
読んだらついでに、Click me!


posted by あだなお。 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気候変動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。