2009年08月20日

売れている車

 ハイブリッドカーの代名詞ともなったプリウスは、今年5月の車名別新車販売台数(日本自動車販売協会連合会発表)で10,915台と、1997年の発売以来初のトップになりました。翌月6月には、新旧モデル合計でなんと22,292台で断トツ1位、7月にはさらに数字を伸ばして27,712位と3ヶ月連続の快進撃を続けています。

 もちろん売れているのはプリウスだけでなく、ホンダのハイブリッドカー、インサイトも、4月にいきなり1位(10,481台)に踊り出た後、5月8,183台(3位)、6月8,782台(4位)、7月10,210台(4位)と高順位をキープしています。
出典:「新車乗用車販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会)

 さらに昨日のニュースでびっくりしたのは、トヨタが高級ブランド「レクサス」のチャンネルで販売を開始したハイブリッドカー「HS250h」が、発売開始後の約1ヶ月で受注が約1万台に達したとのこと。もともとの販売目標が月間500台ですから、この数字は当初予定の20倍! トヨタもここまでの人気は予測していなかったということでしょう。今注文しても納品は来年2月下旬以降だそうです(^^;)
出典:「レクサスHVが1万台受注 納車は来年2月以降に」(産経ニュース、2009年8月18日)

 そうは言っても、自動車業界全体では売上は大幅に落ち込んでいるのだから、ハイブリッドだけが売れても焼け石に水... かと思いきや、5月ぐらいから急速に回復し、7月の売上はなんと前年比+0.5%なのだそうです。もちろんメーカーごとにかなり高低はあり、ハイブリッドで強いはずのトヨタも飛び抜けて急回復というわけではなさそうですが...
出典:「普通乗用車」(日本自動車販売協会連合会)

 ハイブリッドカーの価格が下がって、政府から補助金も出て、マスコミがこれだけ煽れば当然という考え方もあります。しかし、おそらくは実際の数字以上に、「ハイブリッド」であるということが人気の原因にはなっているのかもしれません。

 もちろんその一方で、燃費が良く、価格が安い小型車も堅実な人気を博しているようです。たとえばホンダについて見てみると、5月以降は結局フィットがハイブリッドのインサイトより売れているのです。
出典:「新車乗用車販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会)

 実際、年間走行距離が短い場合には、せっかく高いハイブリッドカーを買っても、省エネ効果で回収するのにはかなり時間がかかるでしょう。また、LCAで環境負荷を考えると、電池にレアメタルを大量に使うハイブリッドカーや電気自動車は、必ずしも「環境に優しい」とばかりはいえない側面もあります。

 今は「ハイブリッド」と付けばなんでも売れるようにも見えますが、一人ひとりの使い方にあった、もっとも環境負荷が少ない車が簡単にわかるようになるといいですよね。そして都市居住者の場合には、そもそも自分で所有しなくても大丈夫になるのが一番ですね。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
読んでくださったら、その印にクリックをお願いします!
読んだら忘れずに、Click me!


posted by あだなお。 at 01:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レクサス 携帯
Excerpt: 明るくいきましょ! アメリカのGMが増産を発表したり、日本のGDPがプラスに転じたり、レクサスのハイブリッドが人気だったりと、明るい材料が出てきた経済界。 メディア等も明るい話題としてもっと大きく取..
Weblog: ちょいヲタオヤジのニュース速報
Tracked: 2009-08-20 21:27
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。