2009年12月25日

生物多様性オフセット?

 そろそろ来年のことを言っても鬼に笑われることはないと思いますので、来年の予告(?)です。

 今年は生物多様性に対する企業の関心はかなり高まって来ました。しかし、まだまだ関心が高いだけに留まっている企業さんが多いようです。来年はそろそろ実践の年です。そして、その中でも特に注目を集めそうなのが、「生物多様性オフセット」です。

 生物多様性オフセットについては、「サステナブルCSRレター」の最新号、71号で説明していますので、そちらをご参照いただきたいと思いますが、世界の約40カ国で制度化されており、今後、生物多様性の保全の手法として、間違いなく主流になるであろうものの一つで、海外では企業も積極的に活用しています。
■「企業と生物多様性(11) 生物多様性オフセット」(サステナブルCSRレター71号)

 ただ、日本では制度そのものが導入されていないこともあり、馴染みが薄いことに加え、「オフセット」という言葉から表面的に理解され、「開発の免罪符」などと誤解されているのが現状です。

 そうした日本の現状に応え、生物多様性オフセットの各国の制度を実務者が紹介し、日本の専門家と議論をするシンポジウムが新年1月18日に東北大学の主催で開催されます。
    生態適応シンポジウム2010
   「生物多様性オフセットと生態適応」

近 年、生物多様性喪失に対する経済的手法の1つとして、開発に伴う生息地破壊を代償するための仕組みである「生物多様性オフセット」が注目され、海外ではす でに40カ国で制度化されています。一方、「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」のホスト国となる日本では、環境アセスメント制度やその他 の野生生物種保全制度において、失われたハビタット(生息地)に対する代償が義務づけられていないため、自然の消失が続いているといわれています。 今回のシンポジウムはCOP10に向けて、日本においてはなかなか討議される場の少ない「生物多様性オフセット」の現状認識と課題について、日本の実情を 鑑みると同時に、海外の第一人者による法制化にいたる事例紹介や企業の関わり等のお話を頂きます。後半のパネルディスカッションは産学、NGOのそれぞれ の立場より、今後、生物多様性オフセットが生態系管理や環境保全対策に有効か、制度設計のあるべき姿を探ります。奮ってご参加ください。
 僕もパネルディスカッションのファシリテーターとして参加しますが、各国の実務家、専門家から直接話しを聞けるのは大変楽しみです。参加無料ですので、ご興味のある方はぜひ以下のリンクからお申し込みください。
■「生物多様性オフセットと生態適応」(東北大学GCOE)

 また、生物多様性オフセットだけでなく、生物多様性と経済の関係を考えるコラムも、今週からNIKKEI NETで連載を開始しました。月イチの予定です。こちらもご興味のある方はぜひお読みください。
■「第1回 生物多様性は実は経済の問題だった!」(NIKKEI NET 特集:問われる生物多様性)

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
よろしかったら、応援のクリックをお願いします!
読んだ印に、Click me!


posted by あだなお。 at 22:13| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 生物多様性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、こちらのシンポジウムの参加申し込みをさせていただきました。とても貴重な機会だと思いますし、本当に楽しみにしています!
自分にとっても実り多きものにするために、しっかり勉強して望みたいと思います。
Posted by なおこ at 2009年12月25日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。