2010年03月31日

黄砂が見えた!

 先日、3月21日に名古屋大学でCOP10 PreConferenceが開催された日の朝のことです。大学へ移動するバスから見た景色が随分と煙っていて、この季節は名古屋は靄が多いのかなぁなどと思っていたら... 実はこれは黄砂だと知って、後から随分とびっくりしました。九州ではしばしば影響があるのは聞いていましたが、まさか名古屋までこんなになるとは、です。

 しかし、以下のニュースを見ると、むべなるかなとも思います。

 中国は本当に大変なことになっていそうですね。中国政府も対策には本腰を入れており、国内での森林伐採の禁止はもちろん、植林「面積」も毎年増えています。ただその効果が出るには、まだしばらく時間がかかりそうですね。

 自然の変化を考える際には、こうしたタイムラグも十分に考慮しなくてはいけませんし、また限界を超えてしまうと元の状態には戻れなくなってしまうことにも注意が必要です。さて、果たして中国の植生は本当に元に戻すことが出来るのでしょうか?

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
よろしかったら、応援のクリックをお願いします!
読んだ記念に、Click me!
posted by あだなお。 at 23:26| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あだなおさんこんにちは。ご無沙汰しております。

黄砂、結構日本各地で見られるそうですね。
恐らくその黄砂とも十分関係する話だと思うのですが、
例の中国の干ばつについて、噂レベルですが中国在住の関係者から興味深い話を聞きました。
既にご存知だったらすみません。

●中国西南地方の深刻な干ばつ 青藏高原の環境破壊が原因(日本語)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/03/html/d51977.html

なんでも、上記の記事の中に出てくる王維洛氏(ドイツ在住)は中国共産党が公表している「干ばつは地球温暖化のせい」という理由を否定し、別な原因(恐らく流域内における森林の乱伐?)を指摘しているらしいのですが、中国国内からだと王維洛氏のその指摘には検閲が掛かっていて読めない(アクセスできない)そうです。

また、干ばつが起こっている南西部に近い地域でSinarMas社がユーカリを植林しまくっているのが関係しているのではという指摘もあるようです。

●中国の干ばつ、SinarMasとStora Ensoのユーカリが原因か(英語)
http://opinion.globaltimes.cn/observer/2010-03/515438.html

●干ばつの影響によりベトナムで森林火災が急増(英語)
http://www.earthtimes.org/articles/show/313125,vietnam-forest-fires-rise-sharply-in-drought.html

下流のベトナムやラオスも堪ったモンじゃないですね。
Posted by のせ at 2010年04月06日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。