2006年06月02日

たまに見るなら「世界がもし100人の村だったら4」

 僕はふだんほとんどテレビを見ません。見ている時間がないということもあるのですが、それより何より、見たいと思ったり、見てよかったと思える番組があまりに少ないからです。

 もちろん、たまに見ることがあるのですが、それはたいていドキュメンタリーです。自分自身で体験するのが難しかったり、時間やお金がかかり過ぎることを自宅に居ながらに見ることができる。まさに、テレビの醍醐味(大げさか?(^^;))です。

 そういう番組には、見た人や社会を変える力があると思いますし、そういう番組に人気が集まることが、良質の番組を増やすことにつながるはずです。おそらくそんな番組の一つであろうと期待しているのが、以下にご紹介する「世界がもし100人の村だったら4」です。みんなで見て、視聴率を上げましょう(笑)

 もちろんまだ実際に見たわけではないので、あくまで予想なのですが、この番組は要チェックでしょう。個人的には、かなり期待しています。家族や友だちと一緒に見ると、さらにいいんじゃないでしょうか。

土曜プレミアム 「世界がもし100人の村だったら4」
6月3日(土) 21:00〜22:54 フジテレビ Gコード(116845)

【ウクライナ】
 −25度のウクライナのキエフに暮らすスラワ(9歳)。6歳の時に麻薬中毒の父親の暴力から逃げ、すでにエイズに侵されていた。注射針から感染した麻薬中毒の父親からの感染だった。そんなスラワに女優・桜井幸子が出会い、路上生活の中でも桜井のことを気遣う彼の姿に絶句する桜井。病院へ行くよう説得したが「病院へ行くと連れ戻されてしまう」と抵抗する。彼の姿が消えた翌日、桜井は必死になって探したが…。

【ガーナ】
 チョコレートの原料のカカオを収穫する農園に出稼ぎに来ているアペティー(11歳)とコフィー(6歳)の兄弟。彼らは、毎日35度を超える気温の中で働く。ある日、目にしたのは学校での同年齢の子ども達の姿。兄は少しの間学校に通っていたが、一度も通ったことのない弟を不憫に思っていた。そんな兄の宝物はインクも出づらい1本のボールペン。兄がスタッフに「チョコレートってどんな食べ物なの?」と質問してきた。日本が輸入するカカオの約7割がガーナ産と言われているのだが…。

【アルゼンチン】
 「PART2」と「PART3」で取材したナディア(15歳)。13歳で男児を出産した。最後に会ってから、わずか8カ月後の2005年10月。彼女の様子がおかしいと連絡を受けた番組は急きょアルゼンチンへ。家の前で出迎えてくれた彼女は、また妊娠していた。2003年の初めての出会いから、3年に渡る取材。新たな岐路に立ったナディアの今を追う。

出典:http://www.fujitv.co.jp/b_hp/premium/


 ガーナの話はチョコレートの児童労働の話ですね。僕も動画で見るのは初めてです。
関連エントリー:「チョコレートの秘密

 ご覧になったら、是非感想をお聞かせください。皆さんのコメントをお待ちしています!

今日も読んでくださって、ありがとうございました。
今日のエントリーはいかがでしたか? おもしろかったら、人気blogランキングへの投票をお願いします。
banner_04.gif応援してくださる方は、Click me!


posted by あだなお。 at 23:50| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も気にはなっていました。 見てみるつもりです。
Posted by buenafe2005 at 2006年06月03日 16:39
映像の魅力/魔力ですね。
思わず瞳孔が見開いた瞬間は、感情のスイッチが入りやすいと言われていますし。
Posted by Monticola at 2006年06月03日 17:35
buenafe2005さん、Monticolaさん
いつもコメントありがとうございます。

さて、お二人も含めて、今日「100人の村だったら」を見た方、どんな感想を持たれましたか? 

テレビの映像は淡々と子供たちの現実を映し出しますが、いくら手を伸ばしてもその子供たちに手が届かないことが辛くなります。でも、もしかしたらその場所で取材したスタッフの方がもっと辛かったかもしれません。目の前にそんな子供たちがいるのに、取材するという形で、ホンの一瞬しか関わることができないのですから。

今日番組で紹介された子供たちに、おそらく僕は直接何もしてあげることができないと思います。でも、彼らや彼女たちのような子どもを少なくするために、僕たちにできることはたくさんあります。子どもが子どもらしい生活を毎日楽しむことができること。それも持続可能な社会に絶対必要な条件です。必ずそういう社会を作ろうと、あらためて思いました。

皆さんがどんな感想を持たれたのか、これからどういうアクションを取るのか、ぜひここでご紹介いただければと思います。それから、フジテレビにもそういうメッセージを伝えるといいのではないでしょうか。以下のURLにメッセージを送るリンクがあります。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/premium/


また、惜しくも今日の番組を見逃してしまった方は、以下のリンクで概要をごらんいただけます。
http://www.fujitv.co.jp/ichioshi06/060603sekai/index2.html
Posted by あだなお。 at 2006年06月03日 23:38
あだなおさん、
良い番組をご紹介くださり、ありがとうございました。
教えてもらわなかったら、見過ごしていたかも。。。(^^;)
Posted by Vickie at 2006年06月08日 00:31
はじめまして。いつも勉強させていただいております。
確かにこの番組は良質だと思いますが、前回、安部晋三氏を出演させた意図には疑問を持ちました。彼の「日本はガーナにこんなに援助しているんだ」という趣旨の発言は、まるきりプロパガンダじゃないかと思いました。
Posted by 激弱ブロガー at 2006年06月09日 22:29
Vickieさん
そうおっしゃっていただけると、書いて良かったと思います(笑) チョコレボの躍進にも、恰好のキッカケになりましたよね。僕もできる限りお手伝いしますよ。

激弱ブロガーさん

コメントありがとうございました。

なるほど、そういう捉え方もありますよね。僕は、安倍晋三さんを引きずり出したことで、まずは一歩前進だと思っています。もうこれで、「知らない」とは言えないのですから。

彼がセンスのいい政治家であるならば、むしろこのことをこれからいろんな場面で伝えてくれる(もちろん自分たちの宣伝も兼ねるでしょうが)ことだって期待できます。

そして何より大切なのは、もう「そんなことは知らない」とは言えない政治家に、「そんな援助では役に立たない」と国民が詰めよって行くことではないでしょうか。
Posted by あだなお。 at 2006年06月13日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「悲しい」からHappyなチョコへ!
Excerpt: 土曜日の番組でフジTVさんが、チョコレートと子どもの奴隷問題を明らかにしてくれたのは画期的なことでした。 これまで、ほとんどの日本人が、チョコレートを毎日のように食べていながらも、この情報を知るチャ..
Weblog: CHOCOLATE REVOLUTION !!
Tracked: 2006-06-08 00:25
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。