2007年02月23日

恵まれたものが持つ義務

 「世界がもし100人の村だったら」を引くまでもなく、僕たちは明らかに恵まれています。しかし、ついついそのことを忘れて、自分が持っているもの、恵まれているものではなく、持っていないもの、手に入れていないものばかりを数えてしまいがちです。

 そうした満たされない思い、欠乏感が時として前進の原動力になることは確かです。しかし、それだけでいいのか? それでは結局、もっとたくさん、もっと速く、もっと便利に... と無限の欲望が膨れ上がる結果になってしまいます。

 そんなとき、友人の日記で見かけたこの言葉は強烈でした。
しかし、我々は本当にちっぽけな存在なのでしょうか。欠乏感で生きていく人間なのでしょうか。そうではないと思います。この地球上で65億人の人がいて、次の5つの条件を満たす人がどれだけいるでしょうか。60年戦争の無い時代を生きていて、世界第2位の経済大国で、科学技術は最先端で、高齢化社会が悩みとなるほど長寿で、誰もが高等教育を受けられる。

 そう、僕たちは夢のような世界の住人なのです。細かく見れば問題はあるし、特にここ10年ぐらいは明らかに悪くなっている面も多いでしょう。それでも長い歴史の中で見たら、広い世界の中で見たら、夢のように恵まれた世界に住んでいることに間違いはありません。

 これは、シンクタンク・ソフィアバンクの田坂広志さんが、「社会起業家ビジネスプランコンテストSTYLEのファイナル大会」で、審査委員長の総評として述べた言葉なのだそうです。「なぜ我々は世界を変えたいと願うのか」と題されたこのスピーチは、こう続きます。
我々は、ノブリス・オブリージュという言葉の意味を書き換えなくてはいけません。高貴なものが抱くべき義務という意味から、恵まれたものが持つ義務という意味へ。

 僕はこの言葉にガツンとやられました。ノブリス・オブリージュとは、お金持ちや、セレブや、あるいは利益をたくさん出している大企業がなすべきことではないのです。僕たち自身の義務なのです。

 そう気が付いたとたん、つくづく思いました。「自分は本当にやるべきことをきちんとしているだろうか? あぁ、うかうかしてはいられない」と。今、自分はなにをすべきなのか、それからちょっと考えて込んでいます。

 「なぜ我々は世界を変えたいと願うのか」は、素晴らしいスピーチです。全文をこのページで読むことができます。長〜いページなのですが、上から1/5ぐらいのところにあります。あるいは、このリンクだとかなり下の方です。いずれにしろ、ページの中で「なぜ我々は」で検索してみるといいと思います。どうぞ全文をお読みください。

今日も読んでくださって、ありがとうございました。
今日のエントリーはいかがでしたでしょうか?
banner_04.gif役に立ったら、Click me!


posted by あだなお。 at 23:59| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 心に響く言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あだなお。さん、こんにちは。
「不都合な真実」のエントリではお返事コメントをいただき
ありがとうございました。
忙しくてなかなか自分のブログをちゃんと更新できていないのですが
このエントリにとても共感する1人ですので
コメントさせてください。

言葉の成り立ちから、色々言われている言葉でもありますが、
本当に「言葉の意味を書き換え」ることが必要だと思います。
ノブレスと言われると、自分はそんなたいしたモノじゃないし・・・と
思いがちですが、現実を見れば、明らかに恵まれている部類に居るんですよね。
それを認める(知る)ことからはじまると思います。

あと、日本に生まれたこと、飢えることなく育ったこと、
教育を受けることができる環境で育ったこと、
その結果、仕事があるということ、
今インターネットをできているということ、
そんな全てが「たまたま」であることを思い起こせば、
そして同じ地球に生きている以上、
私がこういう生活をできていることのひずみが
だれかに必ず影響を与えていることを思い起こせば、
そんなに特別で、おかしな意識だとは思わないのです。

といいつつ、この気持ちを抱きながら
実際に何ができているのか・・・となると心もとないのですが。

ちなみに、私が最近ノブレス・オブリージュについて
考えたのは、下記の記事に書いている
世界での自分の収入の位置が分かるサイトをチェックしたときでした。
http://sanoua-cinema.seesaa.net/article/27665162.html

長くなってすみません。
リンク先、ゆっくり読ませていただきます。
ステキなエントリを書いていただき、ありがとうございました。
Posted by sanoua at 2007年02月26日 20:31
sanouaさん

おひさしぶりです。コメントありがとうございました!

ときどき読んでくださっているようで、嬉しく思います。
僕もsanouaさんの「あなたの年収は世界で何番目?」は拝読していましたよ。Global Rich Listおもしろいですよね。こちらでも紹介させていただいていいですか?
Posted by あだなお。 at 2007年02月27日 23:54
コメントお返事ありがとうございます。

知識が少ないので、コメントできることが
少ないのですが、
実はRSSでチェックしてほぼ毎日お邪魔しちゃってます。

読んでいただいていたとのこと、とても嬉しいです。
Global Rich List、私が言うのも変ですが
ぜひ紹介してください。
ありがとうございます♪
Posted by sanoua at 2007年03月01日 10:58
sanouaさん

RSSは便利ですよね。

では、時期を見て、Global Rich Listを紹介しますね!
Posted by あだなお。 at 2007年03月07日 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。