2008年01月01日

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。
 皆さま、清々しい気持ちで新年をお迎えのことと思います。

 僕は2008年のはじまりを、クメール王朝の古都シェムリアップで迎えました。いつになく早起きをして、まだ星空のアンコールワットに出向きました。

 空が白んでくると人の数も次第に増えてきました。暗闇になれた眼からするともう空もすっかり明るくなり、今日は雲に隠れて日の出は拝めないのかなと思っていたら....

 アンコールワットの屋根の端に輝く太陽が顔を出し、その後、どんどんと高度を上げていきました。2008年の夜明けです。

angkorwat2.jpg


 陽が上るまで2時間近く待ちながら、また、日の出の後にまだ人影もまばらな遺跡を歩きながら(もったいないことに、ほとんどの観光客は日の出を見ただけで帰ってしまっていました!)、いろいろなことを考えました。

 これだけの文化、技術を築いた王国の栄枯盛衰。そして、長く続いた戦いと混乱... 街中の華やかなホテルやレストランの様子を見ていると、この国に平和が訪れてからまだ10年も経っていないといことが信じられないほどです。

 しかし、今や再びこの街に、遺跡に、世界中の人々が集まり、一緒に陽の出を待つことができる素晴らしさ。たしかに僕たちは難問山積みの中で暮らしていますが、太陽は必ず上って来ますし、人間にはこの遺跡を作ったような叡知もあります。

 熱帯とはいえ、明け方はセーターが必要なほどに冷え込みました。しかし、太陽が上ると、次第に気温も上昇します。太陽の偉大さ、人間のたくましさを信じて、今年も頑張ろうと思います。

 サステナ・ラボは今年も皆さんに、持続可能な社会を作るために役立つヒントや情報をお届けしたいと思います。一年間、どうぞよろしくお願いします。

                       2008年1月1日
                        あだなお。


posted by あだなお。 at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

平成20年を迎えて
Excerpt: あけましておめでとうございます。今年で3年目を迎える「サステイナブルなもの」をど
Weblog: サステイナブルなもの -Something Sustainable-
Tracked: 2008-01-03 10:40
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。