2008年02月14日

やる気のある人

 大ロンドン市長のケン・リビングストンは2003年に混雑税(congestion charge、渋滞税とも)を導入するなど、大胆な政策で有名です。

 現行の混雑税では、ロンドン中心部に自動車を乗り入れる際には1日あたり8ポンド(2000円強)の混雑税を当日の夜中までに払う必要があります。それを過ぎると、いきなり40ポンド(8000円強!)の罰金です。

 その結果、「ロンドン交通局自身の発表では、渋滞が30%解消され、交通量が15%減少した」そうですから、効果大です。
《参考リンク》
■「コンジェスチョン・チャージ」(Wikipedia)
■「ロンドン交通混雑税」(EICネット)

 そしてこの混雑税が、今度は燃費の悪い車に対しては大幅に値上げされることが12日、リビングストン市長が公言したとのことです。詳しくは以下のサイトなどをご覧下さい。
■"Polluting cars face charge rise"(BBC NEWS 2008/02/14)
■「英国:大型車など規制、混雑税大幅上げ−−ロンドンで環境対策」(毎日新聞、2008年2月13日)

 イギリスでは車は燃費でAからGにクラス分けられているようですが、今回対象になるのは二酸化炭素の排出量が多いバンドGのグループです。これは1キロあたり226グラム以上のCO2を排出する車で、4WDや、スポーツカー、高級サルーンなどが該当するそうです。

 これらの車は、2009年から、ロンドン中心部に乗り入れる際には一日なんと25ポンド(5250円)!の税金を払わなければならないのです。これはかなり痛そうですね。

 また、今までは課税地域の住民に対しては、混雑税は90%の割引(つまり10分の1)だったのですが、この割引もバンドGについては廃止されるそうです。

 代わりに、燃費の良いバンドAとバンドBの車(1キロあたりのCO2が120g以下)については、2008年は混雑税が免除になるとのことです。これはかなり強力な乗り換えインセンティブ、いや強制力になりそうですね。ちなみに、ホンダ・インサイトのハイブリッドや、トヨタ・プリウスなどは、バンドA、Bに該当するそうです。

 当然バンドGの車の持ち主からは不満も出そうですが、リビングストン市長は「バンドGのほとんどは高級車。普通の車より高い車を買うお金があるのに、もっとも汚染がひどい車を買っている人たちだ。この混雑税の仕組みの変更で、新しい車を買うときに地球への影響も考慮するようにしたい。」と涼しい顔のようです。

 こういうことを考えて、発言して、実行できるリーダーが、気候変動を止めるためには必要ですね。やる気がある人、本気の人が必要なのです。

 ところで上で紹介したBBCの記事からは、Carfuledata.org.ukというサイトへリンクが張ってありました。車のメーカー名、モデル名などを入れると、燃費がわかるようなデータベースや、自動車にまつわる様々な環境問題についての情報が掲載されていました。交通省(Department of Transport)の下にある自動車安全証明局(Vehicle Certification Agency)が運営しているサイトでした。これも、気候変動防止への「やる気」を感じさせるサイトですね。

 最後に蛇足ですが... 僕はこのニュースを、地下鉄の駅で配られているフリーペーパー(文字どおり、本当に無料の新聞です)で知りました。この手のフリーペーパーは数種類あって、地下鉄の中で読んでいる人も多いのですが、それほど読むところが多いわけでもないように思います。結局、受け取ったもののいくつか記事を拾い読みしたらゴミ箱へポイ。もしくは、そのまま座席にポイしちゃう人も多いようですが...(^^;) どうもを浪費しているような気もしますが、どうでしょうね?

今日もお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
サスラボもやる気ですので、応援よろしく〜
banner_04.gif応援してくださる方は、Click me!



posted by あだなお。 at 09:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的にはマインドの向上などよりもこうした混雑税のような取り組みの方に好感を覚えます。
というのは、承知の上で混雑税を払うという選択も許されるからです。その判断が個人に委ねられているところが、単に禁止してしまうような思考停止型の取り組みよりも「大人の社会」という気がしますよね。
Posted by ProjectK at 2008年02月14日 12:55
ProjectKさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

同感です。まさに、大人の社会ですね。

日本でも、石原都知事が今年はかなりやる気をみせており、そのリーダーシップは評価したいのですが、初めから喧嘩腰なのが、あまり大人とは言えませんよね(^^;)
Posted by あだなお。 at 2008年02月15日 07:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DAY1258 ロンドンの渋滞税にポルシェは反発
Excerpt: ロンドンには以前からコンジェスチョン・チャージと言われる”渋滞税”が存在していましたが、先日発表された新しい案では、CO2排出量に基づいた課税(課金)が行われるようです。 CO2 charging ..
Weblog: PEUGEOT 307 HDi
Tracked: 2008-02-21 23:24
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。