2008年03月25日

新手の環境コミュニケーション?

 環境問題の重要性や、環境問題へ取り組もうというメッセージを伝えること、こういうのを総称して環境コミュニケーションっていいますよね。昨日のアル・ゴアからのメールも、うまい環境コミュニケーションだと思います。

 今週はこの環境コミュニケーションについてちょっと考えてみましょう。

 地球は満身創痍というべき状態からなのか、環境コミュニケーションすべき事柄は実にたくさんあります。例えば今年が「国際サンゴ礁年(IYOR: International Year Of the Reef)」であることを、皆さんご存じだったでしょうか?

 「国際サンゴ礁年」のWebサイトに行くと、いろいろな情報に加えて、ロゴや、ポスター、さらには名刺用のデータ、学習素材など、目を引く様々な素材が用意されています。イメージキャラクターはちょっと怪しげですが、子供たちはこういうのが好きなのかもしれません(^^;)。

 企業もこれを支援すべく頑張っていて、僕が欲しいのは堀場製作所のサンゴ礁カレンダー。既に在庫はなくなっているようで残念すが、 CORAL21というブログでどんなカレンダーかご覧になれます。画像をクリックしてみてください。
■「レアモノなサンゴ礁カレンダー2008」(CORAL21)

 で、なぜかgooもサンゴ礁年を応援しているようで、「みんなで沖縄の海にサンゴを植えよう」というプロジェクトを行っています。3月14日で終了予定だったのですが、4月以降も継続が決まったようです。

 このgooホーム PROJECTは、「いまさら、SNSは、何ができるのだろうか?」と言ってみたり、意味不明なイラストを使っていたりで、かなり脱力系です。

 それだけでもスゴイ(?)のですが、さらに意味不明なサンゴママというキャラクターが出て来るビデオクリップを5本も作っています。ちょっと悪乗りという気もしますが.... これで興味を持ってくれる人が増えれば、これも立派な環境コミュニケーション!?



 サンゴママ、温暖化について熱く語っていますが、肝心のサンゴに関する知識はかなり怪しかったりしますが... その辺も、リアル感を高めるための工夫なのでしょうか?(^^;)

 なお、このビデオの続きをご覧になりたい方は、You tubeで「サンゴママ」と検索すれば出てきくるそうです。

読んでくださってありがとうございます!
サスラボも環境コミュニケーションになってますか?
banner_04.gif応援してくださる方は、Click me!


posted by あだなお。 at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。