2008年05月27日

暖房のいらない家

 言うまでもなく、スウェーデンは日本よりも冷涼な気候です。寒いだけではなく、長い冬の間は太陽が出ている時間は短く、太陽高度は低く(つまり入射角は浅く)、寒くて大変そうな条件ばかりです。明らかに、日本よりも不利なはずです。

 しかしその厳しいスウェーデンの気候の中でも、エネルギーの消費が非常に少なくて済むパッシブハウス(passive house)と呼ばれる家があります。そんな家を実際に見て来ました。

 ヨテボリ市郊外のリンドースにあったその家は、屋根に太陽熱温水器が載っているところを除けば、見たところまったく普通の家と変わりありません。家の中も特別なしくみがあるようには見えません。
passivehouse.jpg


 しかしよく見てみると、壁が異様に分厚いのです。デザイン上うまく処理してあるのでわかりにくいのですが、梁が出っ張っているように見えるところが実は壁で、その厚みは50cmぐらいはありそうです。スウェーデンでは普通の家でも壁の厚みが30cmぐらいあることもあるようですが、それよりもさらに分厚くなっており、中にはグラスウールの断熱材がたっぷり入っているそうです。

 3枚ガラス(これもスウェーデンでは標準的だそうですが)の入った窓枠ももちろん分厚くて、20cm近くありそうです。部屋の中や外から見るとほとんどわからないのですが、窓枠を横から見ると、非常に分厚いのがわかります。

 そしてもう一つのポイントは換気です。室内で発生した熱を逃がさずに外気を取り入れられるように、熱交換器の付いた換気装置が設置され、家中に常に暖ためられた空気が循環するようになっています。

 詳しい仕組みなどは、以下の参考サイトなどをご覧いただきたいと思いますが、住んでいる方にお聞きすると、外気が零下10度になる真冬でも暖房器具をまったく使わないというから驚きです。人や電気器具などが発生する熱、窓からの太陽の光だけで、暖房は必要ない!というのです。日本語では無暖房住宅とも呼ぶようです。
《参考サイト》
■「パッシブハウス(その1)」(今川建築設計監理事務所)

 当然光熱費は大幅に削減することができます。電気は照明や電気器具を動かすのに使うだけですから、電気代は通常の住宅の1/3程度で済むのだそうです。太陽電池などと組み合わせれば、おそらくすべて自前で賄えるのではないでしょうか。

 外からエネルギーを投入しなくても快適に生活できるとは、まさに持続可能な住宅と言えるのではないでしょうか。通常の工法に比べてどのぐらいのコスト高になるかは聞きそびれましたが、家賃はスウェーデンの物価を考えると十分にリーズナブルなものでしたので、光熱費が大幅に節約できることを考えれば、おそらくすぐに元は取れるでしょう。

 寒さの厳しい場所でも、暖房にほとんどエネルギーを使わなくてもすむ技術は既にあるのです。これを使わない手はないのではないでしょうか。実際スウェーデンでは、リンドースでの成功をきっかけに、パッシブハウスの建築が各地で始まっているそうです。日本でも広まってもらいたいですね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
ご感想をお待ちしています!
banner_04.gif応援してくださる方は、Click me!


posted by あだなお。 at 07:21| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20年前、「石炭ストーブ」として生まれた竹を燃やせるほど頑丈で、かなり安くて珍しいペレットストーブD2縦型(70,000円)を見つけました。
誰もがタダで、入手できそうな竹をギア式ガーデンシュレッダーで、簡単に自力で自家製竹チップ燃料を製造できれば一番安い上に、全国で拡大している放置竹林の問題も解決しますね。
ダッチウエスト(FA225)だと30万以上するうえに、2〜3年の使用でかなり高い消耗品の交換が必要になりますが、ペレットストーブD2縦型は7万円で二次燃焼室と三次燃焼用の空気取入れ口までついている上に、単純な構造なので消耗品の交換がなくても10年以上使用できるそうです。薪ストーブの購入を、検討されている方がいたら是非教えて上げて下さいね。

竹の生木チップも燃料に出来そうなペレットストーブD2縦型
http://blogs.yahoo.co.jp/itventurecapitalcoltd/21527934.html
おそるべし二次燃焼システム
http://plaza.rakuten.co.jp/shirotori/diary/?ctgy=2
Posted by 超低ランニングコスト自家製竹チップ燃料ペレットストーブD2縦型 at 2009年01月04日 12:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。